2020年09月14日

中越地区U-8サッカーフェスティバル

【中越地区U-8サッカーフェスティバル】
熱中症対策のため順位決定戦を行わないこととなり、グループのリーグ戦2試合のみでした。
選手たちは残念がっていましたが、各予選を勝ち抜いたチームとの対戦でどこまでやれるかを試そうと試合に挑みました。
1試合目
レアル0ー4エスプリ長岡
フィニッシュの場面などで、しっかりボールを蹴れるかで勝敗が決まってしまった感じでした。
シュートはもちろん、パス、ゴールキックなど、基本の「ボールを蹴る」をもっと高めていこう❗️
2試合目
レアル2ー2T-united
得点:やまひな(2)
スローインをどのポジションの選手が投げるか、味方のプレーの邪魔をしないなど、選手の役割を再確認して試合を行いました。
選手の勝ちたい気持ちが若干前がかりのプレーとなった結果、攻守の切り替えがワンテンポ遅れ2失点したものの、全員が最後まで諦めずプレーしたことで、試合終了間際のやまひなの同点ゴールが生まれました。
気持ちを切らさずにプレーして、同点に追いついたことは選手たちにとってプラスとなったようでした。
次の練習からは「蹴る」「運ぶ」サッカーの基本をもう一度積み直そう❗️
対戦したチームの皆さん、準備、大雨の中の後片付けなどご協力いただいた保護者の皆さん、ありがとうございました🙋
おまけの写真は大会後に桃の湯で汗を流した後でアイス片手に高校生のサッカーを観戦するレアルなでしこたち⚽️
「サイドバック速っ!」って驚いてアイスこぼしてました(笑)
男子に負けないように頑張ろうね😁
0552698B-7EB0-4222-942A-4F042FD99715.jpgF352EDBF-0A45-45A5-92DD-12AC61BCCDFC.jpgA43C894F-C6C1-42A2-AAD1-99924D28E3F6.jpg0E32CF84-2DA6-4F43-B691-A2D4645EF5B3.jpg82ED169A-3978-41FF-B916-AE40C47AC57B.jpg
posted by 監督 at 02:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする